ダイエット医薬品の仕組みについて

やせ薬と呼ばれるものがあります。これは、飲むだけでダイエットできるというものですが、薬がどこに影響を及ぼすのかというと、内蔵ではなく感情です。具体的にいうと、薬を飲むことで食欲が抑制されます。そのため、いつもよりも食べる量が減り、その結果、体重が減るというわけです。
やせ薬という言葉のイメージとして、いくら食べても太らなくなる薬というのがありますが、そういった効果を持つ薬はまだ開発されいません。なので、現在のやせ薬は、自分の意思で食事の量を減らすことができない人をサポートする薬ということになるわけです。
では、こうした薬を飲み続けていればどんどん痩せられるのかというと、部分的にはそうですが、厳密にいうとそんなに単純ではありません。というのは、食欲を抑える薬を飲み続けるということは、当然、体にとってはあまりいいことではありません。というのは、自分の意思だけで食事の量を減らしている場合は、どうしても食欲を抑えられなくなったら食べることが可能ですが、薬で食欲を抑制されていると、そういったことができないからです。やせ薬は、ちょうどいい量の食べ物を食べられるようにするという風には作られていないので、飲み続ける限り、食欲は常になく、これ以上、急激に体重が減ると危険という場合でもそれは変わりません。
そのため、医師によって、処方される期間が厳密に決められているのです。その期間を超えて飲み続けることはできないので、薬によってダイエットは可能ですが、薬が飲めなくなってからは、自分の力でダイエットを続けていくしかないのです。
そういった意味では、現在のやせ薬は、太っている人にダイエットのきっかけを与えるためのものという位置づけになるでしょう。

■ダイエット医薬品について学んだ上で使用を検討しましょう
ダイエットピル
■この薬はダイエットの手助けをしてくれます
ビーファット
■食べたことをなかったことにする?そんな魔法のようなダイエット医薬品
ゼニカル

ページの先頭へ戻る