ダイエットと献血とカテキンについて

献血をすることで、ダイエットになるという話がありますが、それは1回あたりの消費カロリーが650kcalほどであるためです。体内より血液がなくなるので危機感を感じた体は、血液量を増量し始めるので、カロリー消費が引き起こります。献血をして血液を抜けば、体内は新しいクリーンな血液を作り始めることにもなります。ですから献血は痩せるとか、デトックスの効果があると言われるのです。しかし一瞬の出来事と考えたほうが良いのは、水を飲んだらすぐに体重はもどるからです。結果として献血は、効率的なダイエットにはならない為、痩せる目的での献血は向いてはいません。

観光的なダイエットを目指して、緑茶のカテキン成分を活用しましょう。日本人は昔から、食事やおやつの時にはお茶を飲む習慣がありますが、普通に飲んでいた緑茶がスリムに貢献をしてくれる成分だったのです。食事ともお菓子とも相性抜群の緑茶は、カロリーもありません。緑茶にはカテキンという渋み成分が含まれていて、これがダイエットに良い効果を与えてくれます。

カテキンは食事での血糖値が上がるのを、穏やかにする作用があります。小腸の不要なコレステロールや脂肪も、積極的に排出させる作用があります。食事メニューでも脂物を食べるなら、緑茶を飲むことで、カテキンパワーによって脂肪はカットさせる作用があります。小腸において炭水化物を分解してブドウ糖にする酵素の働きを、阻害する作用も働きます。血糖値の急上昇をする、GI値が高い食品を口にする時も、一緒に緑茶を飲むことで、急激な血糖値の上昇を緩めることになります。まるで低インシュリンダイエットみたいな作用で、健康をサポートすることになります。

ページの先頭へ戻る