ダイエットは肥満率を下げるため下半身の鍛えが重要

ダイエットにおいて大切なことは、肥満率を減少させることです。そのためには体脂肪を燃焼させることが重要となります。体脂肪を減らすためには、運動により直接的に脂肪を燃焼させることも効果的ですが、筋肉を鍛えることが、痩せた体を維持するためには重要となります。
運動においては、体脂肪を減らすためには、有酸素運動を行うことが有効です。有酸素運動は、消費カロリーが大きいために、脂肪を減らすことに適しているのです。しかし、その後の体を維持し続けることには向いていません。体脂肪を減らし、肥満率を下げた状態を維持するためには、筋肉を付けることが重要となるのです。
筋肉をつけるために有効なのは、下半身を鍛えることです。下半身は全身の筋肉の約七割を占めているために、下半身を鍛えることで、七割の筋肉の増加に役立ってくれるのです。
下半身を鍛える際には、ジョギングなどによる長時間を行うことのできる運動を行うのではなく、スクワットのような高負担で低回数しか行うことが出来ない、という運動が適しています。スクワットはダイエットにおいて人気のある種目ですが、しっかりと負担をかけることにより、より効果を発揮してくれることとなります。
ダイエットをするためにスクワットをするためには、ゆっくりと動作を行うことが有効です。脚がパンパンになるぐらいの負担を与えることで、成長ホルモンが多く分泌されます。成長ホルモンは細胞を回復させるために役立ってくれるホルモンですが、これが分泌されると、脂肪を分解してくれる働きもあるのです。
スクワットを行い、筋肉を増やし、基礎代謝を向上して太りづらい体を作るとともに、成長ホルモンの分泌で脂肪を減らしやすい状態を作ることで、肥満率を減少させることに役立ってくれるのです。

ページの先頭へ戻る